北海道地方暖候期予報

予想される夏(6月から8月)の天候令和2年2月25日 札幌管区気象台発表

概要

夏(6月から8月)の気温の各階級の確率(%)

気温
北海道地方 低い
20%
平年並
40%
高い
40%
降水量
北海道地方 少ない
30%
平年並
40%
多い
30%

次回発表予定

暖候期予報については、3月と4月の3か月予報[毎月25日頃発表]に合わせて予報内容を再検討し、変更がある場合には修正発表します。また、5月の3か月予報発表以降、夏の予報については、 最新の3か月予報等をご利用下さい。

【広告】

参考

予報のポイント

予想される海洋と大気の特徴

熱帯の海洋の特徴

大気の特徴

最近5年間の夏の特徴

夏の天候の特徴
2015年 『並温・並雨』6年連続の暑夏とはならず、寒暖を繰り返す。
2016年 『高温・多雨』台風上陸数が最多、歴代1位の多雨、各地で災害。
2017年 『並温・多雨』記録的だった6月多雨と7月高温。
2018年 『並温・多雨』不順な天候。前線が停滞して記録的な大雨で災害も。
2019年 『高温・多雨』3年ぶりの高温で熱帯夜も。7月まで少雨傾向続くも8月は顕著な多雨。

長期積雪(根雪)の終日

地点 平年 昨年(2019年)
札幌 4月3日 3月19日
稚内 4月2日 3月9日
旭川 4月7日 4月10日
網走 4月1日 4月6日
帯広 3月19日 3月6日
釧路 3月10日 3月4日
室蘭 3月6日 2月27日
函館 3月11日 3月3日
※札幌を除いて自動観測の比較対象となる値(日最深積雪1cm以上から算出)に更新

真夏日日数(夏:6〜8月)

地点 平年 昨年(2019年)
札幌 7.7日 13日
稚内 0.1日 0日
旭川 9.6日 12日
網走 3.5日 6日
帯広 9.8日 14日
釧路 0.1日 1日
室蘭 0.4日 2日
函館 3.3日 5日