大雨や台風に備えて

大雨や台風に備えて

台風や大雨は,毎年大きな災害をもたらします。警報などの防災気象情報を利用して、被害を未然に防いだり,軽減することが可能です。 台風や大雨の危険が近づいているというニュースや気象情報を見たり聞いたりしたら、災害への備えをもう一度確認しましょう。 また、いざという時には、周囲の人にも声をかけ、躊躇せず避難しましょう。

(「大雨や台風に備えて」平成31年3月,気象庁)より転載

自分で行う災害への備え

(1)家の外の備え

(2)家の中の備え

(3)避難場所の確認など

防災気象情報の活用

気象庁は、気象災害による被害を防止・軽減するために警報やキキクル(危険度分布)などの防災気象情報を発表し、 注意や警戒を呼びかけています。災害から命を守るためには、自分の身のまわりにどのような危険(土砂災害・浸水害・洪水災害等) があるのか事前に確認することが重要です。防災気象情報などを有効に活用しましょう。

関連リンク